自分が子どもの頃に勉強が苦手だったお母さんほど、「自分にできなかったのだから・・・」

と思い込みを持ってしまいがちです。いわば、素質論的なあきらめの境地なのかも知れま

せんが素質論というのは間違っていると思います。素質とは関係なく、勉強の正しい方法

を身につけことによって、学力は上がります。もし、お母さんが子どもの頃に勉強が苦

手だったとしたら本当に正しい勉強方法をしていたのかどうかを、もう一度考え直してみ

てください。人間は本来それほど知的能力に差があるものではありませんから、やり方さ

え変えていれば、お母さん自身もはるかに伸びていたのではないでしょうか。確かに、親

の学歴が高いほど、子どもも一流の大学に進学する確立が高くなる統計はあります。しか

し、それは素質の問題ではなく、子どもに伝えられる良い学習ノウハウを親自身が持って

いたからだと思います。例えば、東大出身の政治家や財界人の子弟を見ると、それほど東

大に行っていないことが分かると思います。これは、お父さんが忙しすぎて、ノウハウを

子どもに伝える時間がないからなのです。素質論に傾く前に、やる気にさせるノウハウ、

学力を伸ばすノウハウを積極に取り入れて、時にはそのノウハウを持つ専門機関に通わ

せて、まずは試しにやらせてみるということが、子どもの才能を伸ばす上で重要なこと

だと思います。